平板載荷試験は地盤調査において必須|安全な住宅を建てよう

メンズ

改良を行なうメリット

ヘルメット

土地開発を行なう上では、地盤改良を行なわなければならない場合もあり、現在では多くの場所で行なわれています。そのため、需要性が高くなっているのです。ここでは、そんな地盤改良についてのメリットを説明していきます

もっと読む

利用者が増えている

2人の女性

近年、ホテルやスーパー銭湯などを利用する方が多くなってきています。理由としてあげられるのは、温泉の効能が健康や美容にとても良いと広まっているからだと考えます。温泉開発には様々なメリットがあるため知っておくとよいでしょう。

もっと読む

種類と費用について

工事現場

地盤改良方法の種類について

地盤改良をしないままだと、軟弱な土地に建物を建ててしまうと住宅の荷重に耐えられず地盤沈下してしまう恐れがあります。地盤改良には大きく分けて表層改良工法と柱状改良工法そして鋼管杭工法の3つがあります。一般的には家を建てる前に地盤調査を行い、地盤改良が必要かどうか判定します。表層改良工法とは地表2メートルまでの土を掘削し固化材を入れて混ぜ重機で固める方法です。費用としては30坪の木造住宅で50万円から70万円ほどかかります。軟弱地盤が2メートルから8メートルのところにある場合、柱状改良工法が用いられます。また地盤調査を行なう上ではいくつかの種類がありますが、その中の一つに平板載荷試験というものがあります。この試験では、荷重と沈下の関係を測ることができ、多くの業者が行なっているのです。地盤の安全性を確かめるために業者へ地盤調査依頼をする場合は、平板載荷試験も行なってもらうようにしましょう。

そのほかの工法と費用について

柱状改良工法は土の中にコンクリートの柱を造る方法でかかる費用としては100万円から120万円となります。軟弱地盤がさらに深い場合には鋼管杭工法が用いられ、これは土の中に鋼管杭を打ち込んで地盤を強化する方法で費用としては150万円から250万円ほどかかります。地盤調査も8万円くらいで簡易なものは出来るため家を建てる前に是非やっておく必要があります。軟弱な土地の上に家を建ててしまったら後ではどうにもなりません。また最近では多いのが地盤改良をしたが施工後の評価を行わず建築してしまい、家が傾いたりと不具合が発生してしまうことです。せっかく施工した工事が狙い通り満足のいくものであったのかどうかをチェックなしでは意味がありません。

業者に依頼

温泉

全国には沢山の宿泊施設があり、その中でも温泉がある施設では様々なサービスが提供されているのです。お客さんが満足できる温泉を用意したいのであれば、業者に依頼して温泉開発を行なうとよいでしょう。

もっと読む